2017年01月23日

ギャップは大事です。

週末、研修で大阪のオフィスに行ってきました。
大阪駅前の大きなビルなので、道に迷うことはほとんどないはずなのですが、やっぱり迷ってしまいました。
基本的には方向音痴ではないし、スマホのナビも活用しているのにねぇ・・・。
イオンモールや名古屋駅に行ったときに感じるのですが、建物専用のグーグルマップってないのかなぁ・・・。
最新の金型技術の情報収集のつもりで、金型の講座に参加したのですが、
元々金型業界にいた関係、知っている事ばかりでした。
もしかして、元職場って、当時としては相当すごいことをしていたのかなぁ・・・。
一時間ほどで研修も終わり、午後からは、映画を観に行ってきました。
前々から気になっていた作品の「この世界の片隅に」を観に梅田の映画館に行くと満席でした。
最近のアニメ映画ブームの一端を垣間見た気分でした。
上映時間の関係で、大阪で観るのをあきらめて、大津の映画館に移動。無事に見ることができました。
後で分かった事なのですが、彦根の映画館(自宅から歩いて10分ほど)でも、
上映が始まったそうなので、彦根の皆さんにもみてもらいたい作品です。
ネタバレにならない程度にお話ししますと、「第2次世界大戦モノ」なので、悲しいお話なのですが、
主人公のすずさんのキャラクター性もあって、「ゆるふわ日常系」的な部分もちりばめられた作品でした。「はだしのゲン」「火垂の墓」などとは路線の違う斬新な作品ではないかと思います。
女優ののんさんの演じる、ヒロインのずずさんがめっちゃ可愛いでした。
すずさんが呉に嫁いだ経緯が、旦那さんが昔一目惚れだったのですが、
子供の頃に一目惚れして身元を調べて、突然結婚話を繰り出すなんて、
このご時世にやると、確実に警察案件ですよねぇ・・・。
今と昔の結婚事情の違いを感じます。
昔の結婚って、お互いの気持ちよりは、家と家の繋がりみたいなものが大事にされているように感じました。
昔の結婚は、二人だけの気持ちだけでなく、色々な物を背負って、覚悟を決めて行う、
とても大事な行事なんでしょうね。
すずさんみたいな感じの女性だったら、結婚もいいのかもしれませんね。
見た目の可愛さと、うなじのせくしぃさのギャップが、すばらしいです。

ニュースなどで報道されていますが、
なんとなく世界が戦争の方向に向かっているのではないかと感じています。
ちょっとしたバランスの崩壊で、最悪の道を進むことになるのかもしれません。
そうなった場合、第2次世界大戦を超える破壊が局地的に起こってしまうと思います。
GPS誘導の爆弾やミサイル、ドローンやロボット、生物兵器など、遠くからボタン一つで、
戦争ができる時代ですから、敵国の人的被害は増えるけど、自国の被害はあまりないなんて戦争なんだとおもいます。
日本が巻き込まれ、戦争に負けて、なんとか国の形を維持することができて、
なんとか復興して、その戦争を題材にしたアニメを制作したときに、
「この世界の片隅に」みたいな、人間味のある作品を作れるのかなぁ・・・。
なんとなく、ただ残忍で、ただ冷たいだけの作品しか作れないような、
ただ悲しくて、勝利国の利益にしかならないような作品になってしまいそうです。



posted by みつめてダークナイト at 01:26| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016おわた。

2016年、ほぼ終了です。
本当に早かったです。
一週間が異常に早かったですね。
一日はとても長ったのですけどねぇ。
たぶん来年はもっと早くなりそうな感じですね〜。
特に何か凄いことや楽しいことをした記憶もないし、
ただただ、普通に生活していただけでした。

たぶん来年も、そんな感じの一年になるんだろうなぁ・・・。
できれば、何か少しでも変化のある一年になればいいなぁ・・・。
趣味に関しては、今まで通り本能に従って楽しくできるとは思うので、
プライベートで面白い出来事があればいいなぁ・・・。

ではでは、皆様も良い年末年始をお過ごしください〜。
posted by みつめてダークナイト at 20:29| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

「君の名は。」の影響なのか、最近、アニメ映画を観に行きづらくなっているっぽい?

週末は、「劇場版艦これ」を観に、京都まで行ってきました。
最近は、京都市役所近くの映画館ばかり行っていたので、京都駅近くのイオンモールの映画館に行くのは久しぶりでした。
以前来た時は、工事中だった京都駅南口も、使いやすいように改装されていました。
初公演から2週間たっているし、もう余裕でチケットを買えるかなぁと思ったら、
かなり席が埋まっていました。
「君の名は。」以降のアニメ映画ブームもあるのかもしれませんね。
気のせいなのかもしれませんが、最近特に映画館で、アニメ作品が増えてきているように感じます。
ちょっと前は、「アニメ映画なんて・・・」って風潮がありましたが、かなり状況が変わってきているのかもしれませんね。
政府も「クールジャパン」とか言ってもりあげていますしねぇ。
それが影響しているのか、最近、アニメ制作の実情が、ちらほらと表に出てきていますね。
スタッフの賃金の問題や、労働環境など、かなりブラックな環境ですし、
政府も利用して、ひと儲けしようと考えているのなら、待遇改善くらいしてほしいものです。
特に、今年の秋アニメ(10月から12月に放送しているアニメ)は、いくつかの作品で、納期が間に合わずに、再放送的な事をしたりしているものもありました。
最近は、海外に制作を依頼しているものもありますが、クールジャパンを名乗るのなら、国内で安定して作ることのできる環境を構築しないといけないと思います。
「純国産車」が、ほぼいなくなってしまった、自動車業界みたいになってほしくないです。

さて、「劇場版艦これ」ですが、アニメシリーズの続き的な内容です。
ゲーム版でも謎になっている、敵の艦隊の存在の秘密に迫るという物語です。
一応、これがオフィシャルの解釈ととってもいいのかなぁ、って思います。
アニメ版では登場しなかった艦娘も出ていたり、「改二」に成長していた艦娘もいたり、アニメでは轟沈してしまった、如月ちゃんも復活したりと、見どころはたくさんありました。
アニメでは不評だった、戦闘シーンも、少し改善されていましたが、砲撃の際には、少しでも踏ん張るようなモーションを入れてほしかったかなぁ。
立ちっぱなしだと迫力に欠けるとういかなんというか・・・。
あと、出撃の際の艤装の装着シーンはきちんと表現して欲しかった・・・。
戦隊ヒーローや、仮面ライダーやプリキュアにおける、変身バンクみたいなものなんですから、手抜きなしで見たいのになぁ・・・。

できるだけアニメ放送は見ておかないと、さっぱり分からない内容なので、予習は必須になります。
最近のアニメ作品なんて、そのような作品ばかりなんですけどね〜。
今年の、僕のアニメ映画鑑賞は、これが最後かなぁ・・・。
来年は「宇宙戦艦ヤマト」「ソードアートオンライン」「魔法科高校の劣等生」は、観に行く予定です。
posted by みつめてダークナイト at 23:53| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

数年ぶりに、3次元にときめいてしまった・・・・。

今日は、京都に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN W」を見てきました。
当然DVDは予約済みですが、映画館のほうが迫力ありますしね〜。
本当なら、初日一番公演を狙うのですが、今回は運よく、出演者の舞台挨拶のチケットを入手できました。
問題は、お土産に購入しようと思っていたグッズがほとんど売り切れだったのが困りました。

今回のお話は、シャアとララァが知り合って、一年戦争開戦直後までのお話。
テレビ版では、なんとなくいきなり登場した感のあるララァでしたが、これを見ると「ああ、なるほど〜」って感じになります。
テレビ版では、シャアの事以外、無関心な感じのララァでしたが、普通の女の子っぽいところが新鮮な感じがしました。
今回、フラウ、カイ、ハヤトも登場しました。
テレビ版と違い、カイもすでにアムロやフラウともお知り合いだったようです。
あと、フラウがやけに可愛い・・・。
ナイス太ももです・・・・。
この作品、アニメ版から変更された、新解釈の部分を見るのも楽しみの一つです。
舞台挨拶は、ララァ役の早見沙織さん、キシリア役の渡辺明乃さん、ランバ=ラル役の喜山茂雄さんなどが来てくださいました。
3人とも、超有名人ですので、詳しくはwebでっ!
今回、早見沙織さんに会えるということで、テンションMAXで劇場に来ましたが、予想以上に可愛い方でした。アニメ等で聞く声はほぼ地声でした。
数年前に勤めていたブラック企業で、女性に対して幻滅しまくっている僕が、3次元にときめくなんて、数年ぶりかもしれないですね・・・・。
そういえば、先月、見た「聲の形」という映画でも、ヒロインの硝子役も、彼女でしたねぇ・・・。
今朝、劇場に行く前に見ていた「魔法つかいプリキュア」でも、はーちゃんやってましたし、
良く遊ばせてもらっているスマホアプリ「アイドルマスターシンデレラガールズ・スターライトステージ」にも登場しています。
たぶん、今、トップクラスで忙しい声優さんの一人だと思います。
最近の声優さんは、声だけでなく、見た目やダンスやトークの能力も問われる職種なので、下手なアイドルよりも競争率が高いと聞きます。
次回は、少し間隔が空いて、続編は来年の秋に公開されるそうですが、
その間に「宇宙戦艦ヤマト」「ソードアートオンライン」など、期待している映画はたくさんあるので、しばらくはちょくちょく映画館に通うことになりそうです。
とりあえずは、週末に公開される「劇場版、艦これ」をどうしようかなぁ・・・。
正直、あまり期待はしていないのと、初日の劇場の大混乱が確定なので、少し落ち着いてから行こうと考えています。
DVD購入はしないので、劇場にいくのは決定事項。
posted by みつめてダークナイト at 22:32| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

頼むから、実写版は出さないでね・・・。

先週末は、「君に名は。」と「聲の形」を見てきました〜。
「君の名は。」はさすがに大人気でしたね〜。
いまだに映画館が満席になるほどの人気でした。
「聲の形」もアニメ映画としては、驚きの席の埋まり具合でした。
たぶん「君の名は。」に触発されて、ついでに見てみようみたいなお客さんが多かったと思います。
だって、明らかに普通の人っぽい格好の人や、アニメなんて見なさそうなJKとか、品の良いおばちゃんとか、
普通のアニメ映画にはいないっぽい人が結構いました。

「君の名は。」は、男女性別変換モノで、アニメやラノベ、漫画では、よくあるパターンの作品です。
ただ、ちょっとひと捻り加えただけで、こんなに面白い事になるんだなぁ・・・、って思いました。
女の子になった男の子は、おっぱい揉んだり、男の子になった女の子は、下半身をチェックするお約束は、
しっかりあったので、ちょっと安心しました。
あと、綺麗なおねいさんの素晴らしさを改めて感じさせてくれましたね〜。

「聲の形」は、聴覚障害の美少女と、美少女をいじめて、周りから浮いてしまった少年のお話です。
「君の名は。」に比べると、重い内容の作品でした。
「けいおん」などで有名な、京都アニメーション制作ということで、絵的な問題は全くなかったです。
主人公が少し俯き加減なのか、女の子の太ももを堪能できる、太ももフェチにはたまらん作品かもしれません。
クライマックスでは、ヒロインの命を主人公が助けて、ヒロインの母親に感謝されるのですが、
失った信頼を取り戻すには、数十倍の信頼を得ないといけないという、現実を教えてくれる作品でもありました。
今もいじめられて苦しんで、自殺を選択する子供がいて、社会問題になっていますが、
いじめた子供に、見せるべき作品なのかもしれませんね。


両作品とも、それぞれに面白い作品でした。
しばらくは、このようなアニメ作品を、今まで「アニメだから」と敬遠していた一般の方が見るのが、
一つのブームになるのでしょうけど、
一年くらいして、「この作品ダメだわ〜」ってSNSに投稿された瞬間にブームが終わるんだろうなぁ・・・、
って思っています。

スタジオジブリの「レッドタートル」も上映していましたが、1日1回だけの上映でした。
なんとなく、今のアニメ業界の実情を感じさせますねぇ・・・。
露骨に映画賞を狙うようになってから、どんどん作品の質が落ちてきたように感じましたし、
本当にアニメの好きな人を満足させられない作品を作り続けた結果が今の状況でしょうから、
この失敗(?)を取り戻すために、宮崎監督復活が、予定よりも早くなるのかもしれませんねぇ。
復活したからといって、失った信頼を取り戻すには、苦労すると思いますけどね〜。

「君の名は。」と「聲の形」の制作関係者の方々にお願いしたいのは、
実写化だけは、絶対にしないで欲しいです。
両作品とも、実写化しやすい作品だと思いますが、
アニメや漫画の実写化で、成功した例はほとんどないと思っていますから〜。
実写化した瞬間に、アニメの大成功は消滅してしまうので・・・・。
上映前に。実写版「一週間フレンズ」の予告がありましたが、
アニメの良さがすべて吹き飛んでしまっていて、とても悲しい思いをしました。

とにかく、「ただしっ、2次元に限るっ!」ということです。
posted by みつめてダークナイト at 00:38| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

ポケモンGO

ポケモンGOに関するトラブル、少し落ち着いてきた感がでてきましたね。
ぼくの周りでは、あまりプレイしている人がいないのですが、
嫌っている人はたくさんいます。
一度、上司に言われたのは、「ポケモンGOしている子供が、お前の車のボンネットに乗ってプレイしていて、
それを見て怒っていたら、その子供の親がモンスターペアレントで、警察に通報されたらどうするの?」
って聞かれたのですが、
「そんなの知らんがな・・・」って思いました。
僕の場合、裁判沙汰にでもしようかぁって考えていますけど・・・。
ポケモンGOの印象が悪いのは分かっていますが、そんな極論で嫌味っぽいこと言わなくてもいいのにねぇ。
一部のモラルのない人間がやっていることで、ルールを守っている人をdisらなくても・・・。
これは、ポケモンGOの批判をしている人全般に言えることですけどね・・・・。
インターネットやSNSが普及してから、特にこのような批判の仕方が一般的になってきましたよね。
これで、「ポケモンGOプレイしていたら、人命救助できた」とか「ポケモンGOで結婚できた」とか
「ポケモンGOで出世できた」とかが、テレビで紹介されたら、批判している方は、
どう思うのかなぁ・・・・。
まぁ、否定するんでしょうけど・・・。
posted by みつめてダークナイト at 23:20| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

復活っ!!

おひさしぶりに、ブログ復活です。
2か月ほど前に、facebookは復活していたのですが、
facebookだと、個人情報が多すぎて、ちょっと本気を出せば、
色々とバレてしまうので、迂闊に妙な事を書けないのですよね〜。
ブログだったら、facebookよりは、色々とバレないと思うので、
色々と妙な事も書けそうかなぁと思い、復活を決めました。
たぶん、愚痴とオタク発言の連発だと思いますが・・・・。

最近、ストレスのせいか、熟睡できていません。
夢も見ているのですが、大半は忘れてしまいます。
記憶に残っている夢は、ほぼ全部、「忘れ物をする夢」ですね〜。
その中でも、高校生時代の夢が多く、体操服を忘れる夢や、
剣道部に所属していたので、部活に参加しようと思ったら、
竹刀や防具を忘れてしまっている夢をたくさん見ます。
「夢占い」なんてのも昔はありましたが、今でも健在なのかな?
posted by みつめてダークナイト at 21:05| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

ゆくとしくるとし

2014年ももうすぐ終わりです。
個人的に、2014年は早すぎました。
歳をとるたびに一年が早くなるのを感じるので、
2015年はもっと早く感じるのかもしれませんね。
2014年は、友人の結婚式、祖母の初盆、広島旅行、総選挙が、
大きなイベントだったのかなぁ。
友人の結婚式を見て、幸せそうでよかったと思います。
来年は、出産するという話を聞いたので、もっと幸せになってくれるでしょう。
自分はというと、結婚のけの字もないですね〜。
結婚が幸せになれるという訳ではないのですが、世間体が悪いのは痛感しています。
個人的には、メイドさんや愛人さんや娘はいつでもウェルカムなのですが・・・。
来年は、彦根で仕事を始めて3年になります。
派遣社員にとって、3年というのは、節目になるのかなぁって考えます。
前々から、滋賀県よりも西の地域で働きたいと申請はしているですがなかなか決まりません。
少しでも実家に近いところで、エンジニアとして仕事をしたいので、
場合によっては今の派遣元との契約を打ち切る事も視野にいれないとなぁって思っています。
どうせ、正社員として、エンジニアの仕事ができるとは思っていないので、
同じ派遣社員なら、お給料はそれほど変わらないし、
それなら、自分の希望を叶えてくれるところに所属するのも一つの道ですよね〜。
来年は、時間のスピードがさらに加速していくと思うので、
なるべく早く、自分の変われるきっかけなどが作れる一年にしたいですね。
posted by みつめてダークナイト at 23:02| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

選挙ですね〜

今度の日曜日は、衆議院議員選挙の投票ですね〜。
何となく感じるのですが、今回の選挙は、
自分が選挙権を得てから、一番盛り上がりにも欠けているように思います。
ま〜、いきなり解散だったし、
特に解散しなくてもいいのでは〜って感じもありましたし、
どのみち与党の勝ち戦なので、仕方ないのかなぁ。

ただ、今回の選挙は、かなり大事な選挙になるのではって感じるのも確かです。
圧勝した与党はロクなことをしないということは、この数回の選挙で理解できたはずです。
自分たちは信任されたから、好き勝手に政治をしてもOKみたいな、
勝手な妄想に囚われるのをこの数年感じてきたと思います。

なので、今回の選挙は、絶対に信任する政党や議員に投票するべきだと考えています。
「いまの与党よりはマシだろう」とか「なんとなく」みたいな、安易な1票で、
政治家が慢心して政治をしているのが現状です。
信任できる政党や政治家がいないから、選挙に行かないというのは、
よろしくないと思うので、
そんな時は、無効票を入れに行くのもいいのかなぁって考えます。
架空の人物の名前を書くもよし、白票を投じるもよし、
ペットの名前を書くのもいいと思います。
信用できない、知り合いでもない人に票を入れても清くないし、
世論の気持ちを知りたいから解散したのだから、
うその気持ちを伝えるのはマズイでしょう。
投票率がそこそこあるのに、有効票がその半分ほどで、過半数をとっても、
信任されたとは言えないでしょう。

たぶん、与党が勝つとは思いますが、
勝たせすぎると勘違いして、勝手気ままに政治をするのも、僕たちは見てきています。
なので、与党で51%くらいの議席をとって、
一人でも反発したりすると、法案が通らないくらいの緊張感を持って政治をすれば、
少しはましになるのではないかと思っています。

国民に負担をしいているのに、
身も切れない人や政党は、信任する価値もないし、
国益や領土を守る根性のない政党も必要ない、
自分の保身や利益しか考えていない人には、政治をする資格はないのですが、
そんな人、いないよね〜。
いたら、ここまで政治不信な世の中にはならなかったはっずだし・・・。

posted by みつめてダークナイト at 00:09| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

艦これ展

京都マンガミュージアムで開催されている「艦これ展」に行ってきました。
普段CGで見ているものとは違い、額縁で見ると迫力が違いますねー。
関連イベントに毎回行っていたり、グッズをきちんと揃えている人にとっては、
あまり新鮮なものは展示されていませんが、
僕のような普通にゲームをしているだけの人や、
興味はあるけど、まだゲームしていない方には、いい刺激になると思います。
最近、ゲームのほうに飽きてきていたところもあるので、
少しだけモチベーションが上がったと感じています。
大和の等身大バックパック(?)の模型や、細かく書かれた大きなイラストを見て、
大和を建造しないとなーって思っています。

このイベントの大きな目的でもある、
来年から始まるアニメの宣伝のコーナーもありました。
webでも公開されているPVを流していました。
悪くはないのですが、なんとなく物足りないですねー。
萌えるのは当たり前なので、迫力みたなものが不足しているように思えました。
一昔前の、石原プロの「西部警察」を初めて見たときのような衝撃を期待したいですね。
posted by みつめてダークナイト at 22:46| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする